毎月発行!

LPガスの魅力を伝える手書き新聞「ファミリーガス便り」を毎月発行しています。

今月号

<画像をクリックすると拡大されます>

過去のファミリーガス便りはこちら

◆社長の独り言:昔と今

「おーいお茶、おーい新聞。」と言ったら、「はーい」と言って持ってきてくれる。それが私の妻だ。先日、友人の奥さんと食事をした時、彼女から「うちのは、自分の目の前にあるものまでそれ取ってとか、お茶とか言うのよ。」という話になったらしい。そこで妻も「うちもそうよ。」と答えたらしい。私たちの年代では普通のことに思っていたが、今はそうではなさそうだ。年末に、30代の家族の家で、忘年会があった。旦那さんが自分で食べた食器を自分で台所まで持って行っている。うそ~。聞けばいつもそうしているらしい。私の息子の場合、2歳の子供をお風呂に入れるのは息子の役割で、飲み会がある時も早めに帰ってお風呂に入れてから牟田町へ出て来る。世の中変わったんだなあと実感する。夫婦二人で生活していると当たり前と思っていた光景が平等とはかけ離れたものであるということに気づく。昔、妻の実家で義父さんに会いに行った。その日は、義父さんだけ居て、私にお茶を入れてあげようと台所に行った。軍人上がりの義父さんは、台所で右往左往している。「男子厨房に入らず」の典型だ。昔の男気から私たちの年代で都合のいいところだけ引き継いで、そして男女平等の今に至っている。私なりに変わったといえば、妻の作った料理を食べる妻「美味しかったよ。今日もありがとう。」ということくらいかな。昔は当然のことのように食べて、何も発していなかったが、労いの言葉と感謝の言葉が言えるようになった。先日はゴミ出しを俺がすると言ったのだが、忘れててゴミ出しの日、妻から言われ2人でやった。妻曰く「あなたの仕事私は手伝ったんだからね。」確かにそうなんだ。日々昔の男気が薄れていく。

◆特集

見つけました!お風呂の鏡の水あかが簡単に取れるクリーナー

◆お料理メモ:

シャキシャキ蓮根ひき肉はさみ焼き

今月のクイズ:

Q1:■に入る数字は何でしょう?

中 + 口 = 36

要 - 女 = 8

内 + 人 = ■

Q2:愛はある、なしのどちらに入るでしょう?

ある なし
映画 ドラマ
蛍光灯 懐中電灯
カエル おたまじゃくし
じいちゃん ばあちゃん

クイズに正解の方に素敵なプレゼント!

WEBからのクイズ参加はこちらから