毎月発行!

LPガスの魅力を伝える手書き新聞「ファミリーガス便り」を毎月発行しています。

今月号

<画像をクリックすると拡大されます>

過去のファミリーガス便りはこちら

◆社長の独り言:

志田の蔵

NHKの夕方のニュースで、佐賀で手ぬぐい展をやっているの知った妻が行きたいと言うので行ってきた。そこは50年前に製造をやめた小鉢を中心に焼いていた窯元の蔵で陶器や雑貨を扱うお店であった。50年前に使られた火鉢が100個以上おいてあった。 そうか、50年前私たちのLPガスの普及で火鉢の文化、すなわち炭やレンタンの文化がすたれていったんだなと火鉢を見て時代の流れを感じることであった。手ぬぐい展のある2階に案内され、妻がチューリップの絵柄の手ぬぐいはというと正面に展示してあった。「これこれ」と妻は喜んでいると在庫が1枚だけ残っていた。店員とのやりとりを聞くとこうだ。「私が学校に上がる前に母が作ってくれた浴衣がこのチューリップ柄だった。その浴衣を花火していて火が移りこがしてしまった。その時の浴衣の絵柄がこんなチューリップだった。」と。何十年も前の話だがニュースでその柄を知って当時の思いを思い出すとはすごいと思うと同時に、さぞ、お母さんに申し訳ない気持ちと気にいっていた絵が強烈な印象で残ってい たんだろうなと察することであった。妻の喜びに私まで満足感が味わえた。私は大好きな温泉につかり、満足のいく、佐賀旅行となった。往復650kmの運転はしんどかったけど妻の想い出の1ページをつくろえたのではと思っている。リビングにはその手ぬぐいが、額に 入って昔の思い出を妻に語りかけてるのであろう。

◆特集

LINE公式アカウントのご案内!

アクアクララ 新規ご加入の方限定 かならずもらえるキャンペーン2022夏

◆お料理メモ:

かぼちゃのカレーコロッケボール

◆今月のクイズ:

Q1:スポーツの指導をするのが上手な都道府県はどこでしょう?

Q2:バラバラになった感じの部品を組み合わせてできる単語は何?

クイズに正解の方に素敵なプレゼント!

WEBからのクイズ参加はこちらから