毎月発行!

LPガスの魅力を伝える手書き新聞「ファミリーガス便り」を毎月発行しています。

今月号

<画像をクリックすると拡大されます>

過去のファミリーガス便りはこちら

◆社長の独り言:神の手を持つ医療スタッフ

今月も又病院通いの話。先日ゴルフの最中、だふった表紙にひじを痛め、整形外科へ行きました。注射1本打ってもらい、何とか痛みはおさまりました。1週間後右肩も注射打ってもらおう行ったのですが、こちらはリハビリが必要ということで、リハビリルームに回されました。以前膝の軟骨がすりへり通ったことのあるルームでしたので、当時の担当してくださった方が、未だ居るか尋ねました。「いますよ。姓は変わってますが、あちらに。」と指差された方向を見るといましたいました。「また、よろしくね。」と声を掛け、リハビリに入りました。「名前覚えてくださったんですね。調べたら5年前ですよ。」当時ひざが痛く、治るんだろうかともうこの年令だから、痛み止め飲み続けるしかないか、ゴルフ出来なくなるのではと思ってた矢先、はじめてのリハビリ。何回かリハビリを続けるうちに、なんと痛みが消えていきました。思わず私は彼女に「君の手は神の手だ。」と言いました。今回リハビリを受けながら「あの時、神の手だと言ったこと覚えてる?」と聞きました。「覚えてますよ。大げさに表現されたから。」救いを求める立場からすれば、全く「神の手」という表現は大げさではない。当時、感謝の気持ちをそういう言葉でしか表せなかった。今コロナで頑張っておられる医療関係者に対する感謝の気持ちがコメントや歌など色んな形で報じられています。患者になればつくづくありがたく思えます。今回のリハビリは右腕を後ろに回すと痛い症状。リハビリ終わって痛みなくなった時には感謝の気持ちをどう表現しようか。リハビリを受けながら考えることにします。

◆特集

地元 宮崎のプロが教えてくれたおいしいお米!「七夕コシヒカリ」予約受け付けます!

◆お料理メモ:

鶏むね肉の大葉梅肉焼き

今月のクイズ:

Q1:おやつは3じ。あさごはんは5じ。ひるはなんじ。

Q2:七夕祭りが始まりました。彦星が毎年パトロールを引き受けるのは何でかな?

クイズに正解の方に素敵なプレゼント!

WEBからのクイズ参加はこちらから